潜在看護師

【2021年度最新版!】認定看護師とは?|役割・種類を徹底解説!

【2021年度最新版!】認定看護師とは?|役割・種類を徹底解説!

潜在看護師に大切な情報を伝える

よし
よし
  • 潜在看護師のことを放ったらかしにしてたくせに、いまさら復職だけを呼びかけるなんて・・・。
  • 潜在看護師から復職したら、〇〇認定看護師を目指したいと考えているけど最近の看護・医療の動向を知る術がない。

この記事では、潜在看護師(現役看護師)として上記のようなことで悩んでいる方に向けて書きました。

  • 認定看護師とは?(目的・役割・活動場所)

  • 潜在看護師に知ってほしい認定看護師になるまでの道(ロードマップ)

  • 【2021年度最新版】認定看護分野を一挙公開!(A課程、B課程)

といった認定看護師の最新の動向を知ることができます!

復職後に認定看護師を目指すつもりはなくても、認定看護師の制度を潜在看護師さんに知ってほしい理由も述べています(コチラ)。

お時間あるときにでも読んでみてくださいね。

この記事を書いている僕は30才で看護師となり、4年目で潜在看護師という名のニートへ。そこから復職し、現在は認定看護師として看護に勤しんでいます。

僕は約71万人いる潜在看護師さんに向けて、僕自身が潜在看護師だった時に悩んだ経験を元に潜在看護師の復職応援団を運営・情報発信しています。

 

現在、潜在看護師から認定看護師として看護している僕からの情報ですので信ぴょう性は高いと思います。

なかなか知りたくても知れない、知る術が見当たらない潜在看護師さんの一助となればうれしいです。

 

では、まいりましょう。

潜在看護師さんにはコチラの記事もオススメです!

潜在看護師が復職を失敗しないポイント【ブランクに伴う怖さを克服】
【完全版】潜在看護師の復職ガイドマップ|ブランクに伴う怖さを克服看護師を辞めてブランクがあると、もう一度看護師に戻るために復職活動するのは勇気も気力もいりますし不安や恐怖心も芽生えてくるので大変ですよね。この記事とリンク先を読むと「看護師への復職から理想の看護師になるために必要なこと」がすべてわかります。看護師復帰から理想の未来を手に入れるまでのガイドマップです!...

【完全版】潜在看護師の復職ガイドマップ|ブランクに伴う怖さを克服

認定看護師とは?【目的・役割・活動場所】

認定看護師とは?【目的・役割・活動場所】
息子くん
息子くん
認定看護師って資格があることは知っているけど、具体的にどんな役割や活動をしているの?

認定看護師とは

看護師として5年以上の実践経験を持ち、日本看護協会が定める600時間以上の認定看護師教育を修め、認定看護師認定審査に合格することで取得できる資格です。

審査合格後は認定看護師としての活動と自己研鑽の実績を積み、 5年ごとに資格を更新しています。 2019年7月現在、20,960人の認定看護師が全国で活動しています。

認定看護師【活動目的】

特定の看護分野における熟練した看護技術及び知識を用いて、あらゆる場で看護を必要とする対象に、水準の高い看護実践のできる認定看護師を社会に送り出すことにより、看護ケアの広がりと質の向上を図ることを目的としています。

認定看護師とは、ある特定の看護分野において熟練した看護技術と知識を有する者として、本会の認定を受けた看護師をいいます。

認定看護師の役割

認定看護師は特定の看護分野において、以下の3つの役割を果たします。

  1. 個人、家族及び集団に対して、高い臨床推論力と病態判断力に基づき、熟練した看護技術及び知識を用いて水準の高い看護を実践する。(実践

  2. 看護実践を通して看護職に対し指導を行う。(指導

  3. 看護職等に対しコンサルテーションを行う。(相談

具体的な活動例

専門的な治療や看護が必要な患者・家族に対して最適な看護は何か、認定看護分野の専門知識に基づき判断し、実践する。

他の看護師に対し、自らが手本となり専門知識や看護技術などを指導し水準の高い看護を行えるように働きかける。

看護の現場で直面する問題や疑問の相談に乗り、改善策を導き出せるよう認定看護分野の専門知識に基づき支援する

息子くん
息子くん
認定看護師ってカッコいいね〜。

認定看護師の活動場所

  • 病院
  • 訪問看護ステーション
  • クリニック
  • 診療所
  • 介護保険施設
  • など

で活動しています!

潜在看護師に知っほしい認定看護師への道【ロードマップ】

潜在看護師に知っほしい認定看護師への道【ロードマップ】

認定看護師の制度を潜在看護師に知ってほしい理由

よし
よし
まずはじめにお伝えしたいことがあります。

今回この記事(他の記事も同様ですが)で認定看護師の情報を伝えようと思った理由は以下のことがあるからなんです。

現役看護師のほとんどは、(強制的にw)看護協会・看護連盟に属していますよね。

しかし一旦看護師から離れて潜在看護師になると、看護協会や連盟の継続ができていない方が多いはずです(僕もそのうちの1人でした)。

継続の手続き方法や案内などは潜在看護師には「届かない」「伝わらない」のが現状です。

なのでこの記事に書いてあるような情報って、なかなか潜在看護師には入ってこないんですよね。

よし
よし
そもそも最近の看護の動向を知る術がないいんだよね〜。

なので「この記事・このサイト」を通して、1人でも多くの潜在看護師に適切な看護の動向をお伝えしていきたいなと考えています。

では、「認定看護師になるにはどうすればいいのか?」

潜在看護師に既存の知識と最新の動向のちがいを知ってもらえればいいなと思います!

認定看護師への道

1.日本国の看護師免許を有すること

2.看護師免許取得後、実務研修が通算5年以上あること
(うち3年以上は認定看護分野の実務研修)

3.認定看護師教育機関入学・修了
A課程認定看護師教育機関
特定行為研修を組み込んでいない認定看護師教育機関
・2026年度をもって教育を終了します。
B課程認定看護師教育機関
特定行為研修を組み込んでいる認定看護師教育機関
・2020年度から教育を開始します。

4.認定看護師認定審査「審査に関するご案内-認定審査」
A課程認定看護師教育機関を修了した者に対する認定審査は2029年度をもって終了します。
B課程認定看護師教育機関を修了した者に対する認定審査は2021年度から開始します。
5.認定看護師認定証交付・登録
A課程認定看護師名簿に登録
・2019年7月14日までに資格を取得した認定看護師は、2019年7月15日付でA課程認定看護師名簿に登録されます。
B課程認定看護師名簿に登録
・特定認定看護師と名乗ることが可能です

6.5年ごとに更新(看護実践と自己研鑽の実績について書類審査)
「審査に関するご案内-更新審査」へ)

参考:日本看護協会 資格認定制度 専門看護師・認定看護師・認定看護管理者

現行の認定看護師教育機関(A課程認定看護師教育機関)を修了した認定看護師は、特定行為研修を修了し、2021年度以降に特定の手続きを行うことにより、B課程認定看護師名簿に移行することができます。

特定行為研修を修了した者が、現行の認定看護師教育機関(A課程認定看護師教育機関)を修了して認定看護師となった場合には、B課程認定看護師名簿に登録します。

ブランクナース
ブランクナース
あたりまえだけど厳しい道ですね。

【2021年度最新版】認定看護師の新たな分野や種類を一覧表で一挙に公開!

【2021年度最新版】認定看護師の新たな分野や種類を一覧表で一挙に公開!

認定看護分野とは?

認定看護分野とは、保健、医療及び福祉の現場において、熟練した看護技術及び知識を必要とする看護分野として、日本看護協会が定めたものをいいます。

【21分野】認定看護分野(種類)一覧【2026年度にて教育終了】

分野名 特定年月 認定開始年月 英語表記 スキル(一部)
救急看護 1995.11 1997.6 Emergency Nursing ・救急医療現場における病態に応じた迅速な救命技術、トリアージの実施
・災害時における急性期の医療ニーズに対するケア
・危機状況にある患者・家族への早期介入および支援
皮膚・排泄ケア 1995.11 1997.6 Wound,Ostomy and Continence Nursing ・褥瘡などの創傷管理および失禁等の排泄管理
・患者・家族の自己管理およびセルフケア支援
集中ケア 1997.10 1999.6 Intensive Care ・生命の危機状態にある患者の病態変化を予測した重篤化の予防
・廃用症候群などの二次的合併症の予防および回復のための早期リハビリテーションの実施
緩和ケア 1998.5 1999.6 Palliative Care ・疼痛、呼吸困難、全身倦怠感、浮腫などの苦痛緩和
・患者・家族への喪失と悲観のケア
がん化学療法看護 1998.5 2001.8 Cancer Chemotherapy Nursing ・がん化学療法薬の安全な取り扱いと適切な投与管理
・副作用症状およびセルフケア支援
がん性疼痛看護 1998.5 1999.6 Cancer Pain Management Nursing ・痛みの総合的な評価と個別的ケア
・薬剤の適切な使用および疼痛緩和
訪問看護 1998.11 2006.7 Visiting Nursing ・在宅療養者の主体性を尊重したセルフケア支援およびケースマネジメント看護技術の提供と管理
感染管理 1998.11 2001.8 Infection Control ・医療関連感染サーベイランスの実践
・各施設の状況の評価と感染予防・管理システムの構築
糖尿病看護 2000.2 2002.8 Diabetes Nursing ・血糖パターンマネジメント、フットケア等の疾病管理および療養生活支援
不妊症看護 2000.2 2003.8 Infertility Nursing ・生殖医療を受けるカップルへの必要な情報提供および自己決定の支援
新生児集中ケア 2001.7 2005.8 Neonatal Intensive Care ・ハイリスク新生児の病態変化を予測した重篤化の予防
・生理学的安定と発育促進のための支援
透析看護 2003.7 2005.8 Dialysis Nursing ・安全かつ安楽な透析治療の管理
・長期的療養生活におけるセルフケア支援および自己決定の支援
手術看護 2003.7 2005.8 Perioperative Nursing ・手術侵襲を最小限にし、二次的合併症を予防するための安全管理(体温・体位管理、手術機材・機器の適切な管理等)
・周手術期(術前・中・後)における継続看護の実践
乳がん看護 2003.11 2006.7 Breast Cancer Nursing ・集学的治療を受ける患者のセルフケアおよび自己決定の支援
・ボディイメージの変容による心理・社会的問題に対する支援
摂食・嚥下障害看護 2004.7 2006.7 Dysphagia Nursing ・摂食・嚥下機能の評価および誤嚥性肺炎、窒息、栄養低下、脱水の予防
・適切かつ安全な摂食・嚥下訓練の選択および実施
小児救急看護 2004.11 2006.7 Pediatric Emergency Nursing ・救急時の子どもの病態に応じた迅速な救命技術、トリアージの実施
・育児不安、虐待への対応と子どもと親の権利擁護
認知症看護 2004.11 2006.7 Dementia Nursing ・認知症の各期に応じた療養環境の調整およびケア体制の構築
・行動心理症状の緩和・予防
脳卒中リハビリテーション看護 2008.2 2010.6 Stroke Rehabilitation Nursing ・脳卒中患者の重篤化を予防するためのモニタリングとケア
・活動性維持・促進のための早期リハビリテーション
・急性期・回復期・維持期における生活再構築のための機能回復支援
がん放射線療法看護 2008.5 2010.6 Radiation Oncology Nursing ・がん放射線治療に伴う副作用症状の予防、緩和およびセルフケア支援
・安全・安楽な治療環境の提供
慢性呼吸器疾患看護 2010.2 2012.6 Chronic Respiratory Nursing ・安定期、増悪期、終末期の各病期に応じた呼吸器機能の評価及び呼吸管理
・呼吸機能維持・向上のための呼吸リハビリテーションの実施
・急性増悪予防のためのセルフケア支援
慢性心不全看護 2010.2 2012.6 Chronic Heart Failure Nursing ・安定期、増悪期、終末期の各病期に応じた生活調整及びセルフケア支援
・心不全増悪因子の評価およびモニタリング

参考:日本看護協会 資格認定制度 専門看護師・認定看護師・認定看護管理者

息子くん
息子くん
21もの分野があるんや〜〜。

【19分野】認定看護分野(種類)一覧【2020年度より教育スタート!】

分野名 特定年月 認定開始年月 英語表記 スキル(一部)
感染管理 2019.02 Infection Control ・医療関連感染の予防・管理システムの構築
・医療管理感染の予防・管理に関する科学的根拠の評価とケア改善
・医療関連感染サーベイランスの立案・実施・評価
・身体的所見から病態を判断し、感染兆候がある者に対する薬剤の臨時投与ができる知識・技術
がん放射線療法看護 2019.02 Radiation Oncology Nursing ・放射線治療を受ける対象の身体的・心理的・社会的アセスメント
・再現性確保のための支援
・急性期及び晩期有害事象に対する症状マネジメントとセルフケア支援
・医療被曝を最小限にするための放射線防護策、安全管理技術
がん薬物療法看護 2019.02 Cancer Chemotherapy and Immunotherapy Nursing ・がん薬物療法の適正な投与管理とリスクマネジメント、暴露対策
・がん薬物療法に伴う症状緩和
・自宅での治療管理や有害事象に対応するための個別的な患者教育
・患者・家族の意思決定支援と療養生活支援
緩和ケア 2019.02 Palliative Care ・痛みやその他の身体的・心理社会的・スピリチュアルな問題のアセスメント
・全人的問題を緩和し、QOLを向上するための症状マネジメント
・家族の喪失や悲嘆への対応
クリティカルケアア 2019.02 Critical Care ・急性かつ重篤な患者の重篤化回避と合併症予防に向けた全身管理
・安全・安楽に配慮した早期回復支援
・身体所見から病態を判断し、侵襲的陽圧換気・非侵襲的陽圧換気の設定の変更、人工
呼吸管理がなされている者に対する鎮静薬の投与量の調整、人工呼吸器からの離脱ができる知識・技術
・身体所見から病態を判断し、持続点滴中の薬剤(カテコラミン、ナトリウム、カリウム又はクロール、降圧剤、糖質輸液又は電解質輸液、利尿剤)の投与量の調整を安全・確
実にできる知識・技術
呼吸器疾患看護 2019.02 Respiratory Nursing ・呼吸症状のモニタリングと評価、重症化予防
・療養生活行動支援及び地域へつなぐための生活調整
・症状緩和のためのマネジメント
・身体所見を病態判断し、侵襲的陽圧換気・非侵襲的陽圧換気の設定の変更、人工呼吸管理がなされている者に対する鎮静薬の投与量の調整、人工呼吸器からの離脱ができる知識・技術
在宅ケア 2019.02 Home Care ・生活の場におけるQOLの維持・向上とセルフケア支援
・対象を取り巻くケアシステムの課題に対する解決策の提案
・生活に焦点をあてた在宅療養移行支援及び多職種との調整・協働
・意思決定支援とQOLを高めるエンド・オブ・ライフケア
・身体所見から病態を判断し、気管カニューレの交換が安全にできる知識・技術
・身体所見から病態を判断し、胃ろうカテーテル若しくは腸ろうカテーテル又は胃ろうボタンの交換が安全にできる知識・技術
・身体所見から病態を判断し、褥瘡又は慢性創傷の治療における血流のない壊死組織の除去が安全にできる知識・技術
手術看護 2019.02 Perioperative Nursing ・手術侵襲及びそれによって引き起こされる苦痛を最小限に留めるためのケア
・手術中の患者の急変及び緊急事態への迅速な対応
・患者及び家族の権利擁護と意思決定支援
・身体所見から病態を判断し、経口用気管チューブ又は経鼻用気管チューブの位置の調整ができる知識・技術
・身体所見から病態を判断し、侵襲的陽圧換気の設定の変更、人工呼吸器からの離脱ができる知識・技術
・身体所見から病態を判断し、直接動脈穿刺法による採血、橈骨動脈ラインの確保ができる知識・技術
・身体所見から病態を判断し、硬膜外カテーテルによる鎮痛剤の投与及び投与量の調整ができる知識・技術
・身体所見から病態を判断し、持続点滴中の糖質輸液又は電解質輸液の投与量の調整ができる知識・技術
小児プライマリケア 2019.02 Pediatric Primary Care ・重篤な状態にある児もしくは医療的ケア児に対する重症化予防
・外来及び地域等のプライマリケアの場におけるトリアージ
・家族の家庭看護力・育児力向上に向けたホームケア指導
・不適切な養育または虐待の予防、早期発見と、子どもの事故防止
・身体所見及び気管カニューレの状態を病態判断し、気管カニューレの交換が行える知
識・技術
新生児集中ケア 2019.02 Neonatal Intensive Care ・ハイリスク新生児の急性期の全身管理
・障害なき成育のための個別ケア
・ハイリスク新生児と親への家族形成支援
・不適切な養育または虐待のハイリスク状態の予測と予防
・身体所見及び気管カニューレの状態を病態判断し、気管カニューレの交換が行える知識・技術
心不全看護 2019.02 Heart Failure Nursing ・心不全症状のモニタリングと評価、重症化予防
・療養生活行動支援及び地域へつなぐための生活調整
・症状緩和のためのマネジメント
・身体所見から病態を判断し、持続点滴中の薬剤(カテコラミン、ナトリウム、カリウム又はクロール、降圧剤、糖質輸液又は電解 質輸液、利尿剤)の投与量の調整を安全・確実にできる知識・技術
腎不全看護 2019.02 Nephrology Nursing ・疾病の進展予防、合併症の早期発見と症状マネジメント、セルフケア支援
・腎代替療法の選択・変更・中止にかかわる自己決定に向けた支援
・透析療法における至適透析の実現に向けた支援
・急性血液浄化療法における血液透析器又は血液透析濾過器の操作及び管理を安全・確実にできる知識・技術
生殖看護 2019.02 Reproductive Health Care ・性と生殖の機能、その障害とリスク因子に関する知識に基づく妊孕性の評価
・性と生殖の健康課題に対する、多様な選択における意思決定支援
・患者・家族の検査期・治療期・終結期の安全・安楽・納得を守る看護実践とケア調整
・妊孕性温存及び受胎調節に関する指導
摂食嚥下障害看護 2019.02 Dysphagia Nursing ・摂食嚥下機能とその障害の評価
・摂食嚥下機能の評価結果に基づく適切な援助・訓練方法の選択
・誤嚥性肺炎、窒息、栄養低下、脱水の増悪防止に向けたリスク管理
糖尿病看護 2019.02 Diabetes Nursing ・血糖パターンマネジメント
・病期に応じた透析予防、療養生活支援
・予防的フットケア
・身体所見から病態を判断し、インスリンの投与量の調整ができる知識・技術
乳がん看護 2019.02 Breast Cancer Nursing ・術後合併症予防及び緩和のための周手術期ケアと意思決定支援
・ライフサイクルの課題を踏まえた、治療に伴う女性性と家族支援
・乳房自己検診、リンパ浮腫等の乳がん治療関連合併症の予防・管理
・身体所見から病態を判断し、創部ドレーンの抜去ができる知識・技術
認知症看護 2019.02 Dementia Nursing ・認知症の症状マネジメント及び生活・療養環境の調整
・認知症の病期に応じたコミュニケーション手段の提案と意思決定支援
・家族への心理的・社会的支援
・身体所見から病態を判断し、抗けいれん剤、抗精神病薬及び抗不安薬の臨時の投与ができる知識・技術
脳卒中看護 2019.02 Stroke Nursing ・重篤化回避のためのモニタリングとケア
・早期離床と生活の再構築に向けた支援
・在宅での生活を視野に入れたケアマネジメントと意思決定支援
・身体所見から病態を判断し、抗けいれん剤、抗精神病薬及び抗不安薬の臨時の投与ができる知識・技術
皮膚・排泄ケア 2019.02 Wound, Ostomy and Continence Nursing ・褥瘡のトータルマネジメント
・管理困難なストーマや皮膚障害を伴うストーマケア
・専門的な排泄管理とスキンケア
・脆弱皮膚を有する個人・リスクがある個人の専門的なスキンケア
・地域包括ケアシステムを視野に入れた同行訪問実施とマネジメント
・身体所見から病態を判断し、褥瘡又は慢性創傷の治療における血流のない壊死組織の除去及び創傷に対する陰圧閉鎖療法ができる知識・技術

参考:日本看護協会 資格認定制度 専門看護師・認定看護師・認定看護管理者

看護師さん
看護師さん
これからは新たな認定分野で活躍していくんやね!

【Q&A】認定看護師についての疑問を解決!

実務経験3年でも、認定看護師教育機関の入学試験は受講できますか?

教育機関に入学する時点で【実務経験5年以上(うち3年以上は認定看護分野の経験)】が必要です。

3年以上の認定看護分野の経験内容についてはコチラ( 特定看護分野の実務研修内容の基準 )をご参照ください。

認定看護師教育機関は、働きながらでも学べるのでしょうか?

まずは認定看護師教育機関の入学試験に合格する必要があります。

  • 教育機関は通常6ヶ月間で、平日の週5日の開講です。
  • 6週間ある実習は、平日に集中して行われます(一部分散型の教育機関あり)。

したがって、就学中・実習中のいずれにおいても勤務しながら学ぶことはできません。

認定看護師教育機関の入学試験の過去問って閲覧できますか?

入学を希望される教育機関に直接お問い合わせください。

認定看護師教育機関を修了しました。次に認定審査を受験するのですが、認定看護師認定審査の過去問は閲覧できますか?

認定看護師認定審査問題は、認定看護師教育機関にて当該年度認定審査申請者に対し開示しています。

修了した教育機関に直接お問い合わせください。

まとめ:認定看護師とは

まとめ:認定看護師とは

この記事では【認定看護師とは?】と題して、認定看護師についての最新情報と基本的な役割、認定看護師への道などをお伝えしました。

1人でも多くの潜在看護師さんに「こんな情報を知りたかった」と思ってもらえたら幸いです。

  • なにか知りたいこと

  • 相談事

  • 悩みを誰かに聞いてほしい

などありましたら、匿名で大丈夫ですので遠慮なくコメントやお悩み相談へご連絡くださいね。

よし
よし
「解決できます!」とは言い切れませんが、「全力でお話をお聴きすること」ならできます。

同じ看護師・潜在看護師仲間として守秘義務は守りますのでいつでもご相談ください。

 

次に読んでほしい記事はコチラ

6月号 看護専門外来
【看護専門外来とは?】認定看護師が担う役割や診療報酬を一挙公開!専門看護師や認定看護師を中心とする、看護専門外来や看護外来と呼ばれる外来をご存知ですか?最近の看護の動向や看護師不足に伴う2025年問題に、看護専門外来が重要な役割を担うことは間違いありません。潜在看護師さんのあなたもぜひ、看護専門外来や認定看護師に注目してください。...

【看護専門外来とは?】認定看護師が担う役割や診療報酬を一挙公開!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

転職・復職を考えている人はコチラ→
\ランキング記事!/
転職・復職を考えている人はコチラ→
\ランキング記事!/