看護師・仕事

ヘルシーワークプレイスって何?看護師・看護学生向け【徹底解説】

ヘルシーワークプレイスって何?看護師・看護学生向け【徹底解説】

【ヘルシーワークプレイス】

健康で安全な職場

よし
よし
  • ヘルシーワークプレイス???
  • 日本看護協会のHPで【ヘルシーワークプレイス】って言葉を見つけたんだけど、これなに?
  • 看護師にとって【ヘルシーワークプレイス】ってほんとに重要なの?

この記事では、あまり聞き慣れないかもしれないけど、看護職にとって今後とても重要になる【ヘルシーワークプレイス】について、徹底解説します。

 

このサイトを運営している僕は、30才で看護師となり4年目で潜在看護師という名のニートへ。そこから復職、現在は認定看護師として看護に勤しんでいます。

 

  • 【ヘルシーワークプレイス】は、看護師・看護学生・潜在看護師さんすべての看護職に関わる一人ひとりの方が知って、行動する必要のあるものです。
  • 【ヘルシーワークプレイス】とは?
  • 【ヘルシーワークプレイス】への取り組みは、看護師・看護学生の私にとってどんなメリットがあるの?
  • 【ヘルシーワークプレイス】を目指すって、具体的になにをするの?

こういった看護師・看護学生さんの悩みや疑問をガッツリ解決します!

 

次の職場選びで絶対に失敗したくないあなたへ

\完全無料で相談できる!/看護roo!【無料】で看護roo!に相談する【無料】で看護のお仕事に相談する【無料】でマイナビ看護師に相談する『とりあえず相談だけ』でも全然OK!

看護roo!

 

序章:【ヘルシーワークプレイス】看護職が生涯を通じて健康に働き続けるために

【ヘルシーワークプレイス】序章:看護職が生涯を通じて健康に働き続けるために

公益社団法人日本看護協会は、「2025 年に向けた看護の挑戦 看護の将来ビジョンいのち・暮らし・尊厳をまもり支える看護」を掲げました。(2015年6月)

その一環として、

よし
よし
「看護職の健康と安全に配慮した労働安全衛生ガイドライン~ヘルシーワークプレイス(健康で安全な職場)を目指して~」

を取りまとめました。

同時に国もまた、国民に安心・安全で価値の高い医療を提供するためには、何よりもまず、個々の医療・介護従事者が、制度や組織によって疲弊したり、自己犠牲によって自らの生活や将来を失ったりしてはならないと記しています。

参考:厚生労働省「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会」報告書(2017年4月)厚生労働省「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会」報告書(2017年4月)

 

看護師さん
看護師さん
日本看護協会には、「看護職の健康と安全が患者の健康と安全を守る」という基本認識があります。

日本看護協会はこの基本認識をもとに、

  1. 業務上の危険への対処

  2. 健康づくり

の2つの視点から、【ヘルシーワークプレイス】の実現を目指すことを提唱しています。

 

看護職一人ひとり、それぞれの職場において【ヘルシーワークプレイス】を活用し、看護職が健康で安全に働き続けられますように・・・と、日本看護協会は願っています。

よし
よし
あなたの施設ではじゅうぶんに【ヘルシーワークプレイス】が活用されているでしょうか?

看護職だけでなく他の職種の方々にも、このガイドライン【ヘルシーワークプレイス】が参考になることを日本看護協会としても願っています。

【ヘルシーワークプレイス】を活用するために

【ヘルシーワークプレイス】の対象者とは、

①一人ひとりの看護職員

②看護学生のみなさん

③看護管理者・教育者

④今後復職を考えている潜在看護師

のみなさんです。

もちろん医師や医療・福祉関係職種、人事労務担当者など看護職とともに働くみなさんも対象者です。

さらには、組織全体までもが【ヘルシーワークプレイス】の対象の範囲です。

 

①一人ひとりの看護職員

看護職として仕事をするときに遭遇するさまざまな危険やその予防策・対応方法を知る。

よし
よし
あなたの生涯を通じた健康づくりについて学べます。

②看護学生のみなさん

将来看護職として働くうえで知っておきたい業務上の危険や予防策・対処方法について知る。

息子くん
息子くん
あなたが看護職になってからの健康づくりについて学べます。

③看護管理者・教育者

看護学生が業務上の危険とその予防、対処方法を学ぶ際、教育ツールの一つとして活用できます。

④今後復職を考えている潜在看護師

将来看護師に復職するうえで知っておきたい、最新の業務上の危険や予防策・対処方法について知る。

ブランクナース
ブランクナース
あなたが看護職に復帰してからの健康づくりについて学べます。

【ヘルシーワークプレイス】の基本的な考え方とは?

看護職が生涯健康で働き続けるためには、

  • 業務上の危険の理解とその対処
  • 加齢やライフステージなどに応じた健康管理や働き方の選択
  • 心身ともに健康な状態で看護を行うための健康づくり

という視点をもった考え方が重要です。

 

よし
よし

僕たち看護職は、これまで、なによりも患者の安全と適正なケアの提供を優先し、患者の人権の尊重に努めてきました。

その一方で、ともすれば自分自身や同僚・部下である看護職の人権の尊重、健康管理や安全を後回しにしてしまうことはなかったでしょうか?

 

これからの時代は、患者(利用者)の尊厳を守り安全で質の高い看護を持続的に提供するために看護師自身が安全に、尊厳を持って働ける健康的な職場環境が必要です。

これが【ヘルシーワークプレイス】の基本的な考え方です!

 

よし
よし
あなたもここで一度、じっくり自分を振り返ってみてはいかがでしょうか。

第1章:ヘルシーワークプレイスを目指して|こんな職場で働きたい

ヘルシーワークプレイスを目指して|こんな職場で働きたい
ブランクナース
ブランクナース
あなたにとって「自分らしく看護する(働く)」とは何を指しますか?
第1章では、「ヘルシーワークプレイス」の定義と意義について解説します。

「ヘルシーワークプレイス」の定義

保健・医療・福祉の分野の「ヘルシーワークプレイス」は、看護職員だけでなく、職場を取り巻く環境(地域社会や患者さんなど)も含めた、すべての人々がお互いに尊重しあうことを基本としています。

 

よし
よし
「ヘルシーワークプレイス」は、こうした職場環境・風土づくりに組織や職員一人ひとり、そして患者(利用者)やその家族を含む地域社会が一体となり、主体的に取り組むことによって実現されるものです。

 

僕は、ヘルシーワークプレイスを実現させるためのキーワードの1つが主体性なのではないかと考えます。

  • 自分自身が健康かつ安全な職場で看護を提供することが、患者やそのご家族の健康や安楽につながると仮定します。

  • その仮定を立証するには「主体性を発揮する」ことが不可欠です。

  • なぜなら、「受動的」な態度で理想の仮定を立証できるはずはないからですね。

息子くん
息子くん
あなた1人の「主体性の発揮」は小さなことかもしれません。

でも一人ひとりの主体性が集まれば、それはやがて大きな渦となって健康で安全な看護環境となります。

そうして患者やご家族、地域への貢献につながるんじゃないかって、僕は信じています。

 

よし
よし
この記事を書いているのも、僕の「主体性発揮」の1つなんですよね。

ヘルシーワークプレイスの取り組みや考え方をあなたに届け、さらに共感を得たあなたが主体性を発揮し、少しずつ広がっていくことを願っています。

「ヘルシーワークプレイス」の意義

すでに多くの組織・施設では、職員が働き続けられる環境の整備や、業務上の危険(ハザード)から職員を守るための労働安全衛生の取り組みが行なわれています。

その一環として「ヘルシーワークプレイス」を目指す取り組みを位置づけ、職員一人ひとりが参画すると、職務満足度や組織へのコミットメントが高まります。

看護師さん
看護師さん
看護職員の主体的・継続的な貢献が可能となり、多様な人材が確保され、組織力の強化が望めます。

さらにこうした組織・施設では患者(利用者)への医療やケアの質向上が期待でき、組織の持続可能で良好な経営へと好循環が始まります。

難しく考えず、そして他人事と捉えず、できることからひとつずつ、「ヘルシーワークプレイス(健康で安全な職場)」づくりをはじめましょう。

よし
よし
あなたが主体性を、ぜひ今いる環境で発揮してください。

認定看護師よし

  • あなたはいままで看護師として、自分自身の健康を後回しにしてでも患者さんへの看護を優先してきたことはありませんか?

  • 僕はあります。臨床で、看護研究で、あえて心身の健康を度外視しながら邁進してしまうことがあります。

  • ですがこの頑張りは、ヘルシーワークプレイスを通じて良くないことだと提唱されているんです。

  • 僕たち看護者一人ひとり(看護学生、潜在看護師含む)が健康でなければ、患者さんやそのご家族、地域や社会への貢献は望めないと伝えています。

  • ヘルシーワークプレイスの考え方は、看護師一人ひとりだけでなく、組織や地域の人々など社会全体の理解も求められます。

詳細記事(準備中):ヘルシーワークプレイスの構成要素

第2章:【ヘルシーワークプレイス】業務上の危険から看護師を守る

【ヘルシーワークプレイス】業務上の危険から看護師を守る
息子くん
息子くん
あなたはどんな環境が整った医療施設で看護がしたいですか?
第2章では「ヘルシーワークプレイス」(健康で安全な職場)の定義と意義について解説します。

【ヘルシーワークプレイス】看護職を取り巻く「業務上の危険」とは?

僕たち看護師の労働安全衛生においてまず考えられるのが、

「看護職を取り巻く業務上の危険」

です。

例えば、

  • 感染

  • 夜勤

  • 交代制勤務

  • 慢性腰痛

  • ハラスメント

などです。

特に最近(記事執筆時)では、新型コロナウイルスに対する感染の危険性や、看護師(医療従事者)とその家族へのハラスメントがわかりやすいのではないでしょうか。
ブランクナース
ブランクナース
このような看護師への身体およびメンタルヘルスへの影響は深刻化しています。

【身体・心理・社会環境】面から、私たちを守るための環境づくり(対策)がヘルシーワークプレイスにおいて重要です。

【ヘルシーワークプレイス】業務上の危険と2025年問題

①生物学的要因

②物理的要因

③化学的要因

④人間工学的要因

⑤交通移動要因

⑥勤務・労働時間要因

⑦心理・社会的要因

「ヘルシーワークプレイス」の構成要素の1つ|働く場の環境と労働安全衛生(健康と安全)

労働安全衛生面からは、業務上の危険を7つの要因(生物学的要因、物理的要因、化学的要因、人間工学的要因、交通移動要因、勤務・労働時間要因、心理・社会的要因)に分類します。

 

それぞれの予防・対策については、詳細記事(準備中):医療現場で働く看護職に顕著にみられる「業務上の危険」について、その7 要因で解説します。

 

業務上の危険は、看護職が働く「あらゆる場」にある

業務上の危険というのは、われわれ看護師が働く「あらゆる場」にあります。

ブランクナース
ブランクナース
例えば病院だけでなく、訪問看護で訪れる利用者さんの自宅などですね。

また特別養護老人ホームなどの介護福祉施設でも、看護師にとって業務上の危険が潜んでいます。

ですので、われわれ看護師が働く「あらゆる場」で起こる可能性のある業務上の危険について、対策を昂じることが大切です。

 

よし
よし
(吹き出し)あなたが働いている施設では「業務上の危険」について、議論や対策が講じられていますか?

 

看護職の高齢化に配慮した職場環境の改善の視点も忘れない

日本の看護師の高齢化は深刻な問題です。

関連記事:2025年問題・・・看護師不足の深刻化を救えるのは?

 

看護職員の現状と推移による看護師の内訳はこんな感じです。

・平均年齢は約43歳、11人に1人が60歳以上です。

・日本全体で就業している看護師数は現在、約160万人です。

・2025年には約196〜206万人の看護師が必要と推測されています。

 

2025年には

「団塊の世代」が75歳以上になること

国民の3人に1人が65歳以上

5人に1人ほどが75歳以上

になります。

 

必然的に看護が必要な人口が急速に増え、医療の提供を必要とする場面が多くなります。

 

2025年に必要な看護師数は200万人以上という計算になります。

 

前述のとおり平成28年末(2016年)就業者数は約166万人であり、2025年問題を考えると需給ギャップは埋まりません。

反面、看護師不足を解消するには看護師の人数を増やす必要があります。

よし
よし
しかし新規資格者がグッと増えることは現状では考えられません。

なぜなら看護学校や看護学部を一気に増やすようなことは容易ではなく、安易に増やしたとしてもプロの看護師を養成することは難しいからです。

これらの理由より、日本の看護師不足はさらに深刻になる恐れがあります。

以上より、現実問題として高齢看護師の職場環境の安全対策は必須となります。

 

関連記事:看護の動向はこれからどうなるの?気になる今後の課題4つ

詳細記事(準備中):ヘルシーワークプレイス7つの要因

第3章:【ヘルシーワークプレイス】生涯を通じて看護師として健康に働くために

【ヘルシーワークプレイス】生涯を通じて看護師として健康に働くために
息子くん
息子くん
(吹き出し)あなたが生涯、看護師として健康に働くためには何が必要ですか?
第3章では、「ヘルシーワークプレイス」看護師人生と健康づくりについて解説します。

看護師人生を通じた健康づくり

誰もが看護師として生涯働くなかで経験することの大きな1つに、「健康上の変化」があります。

よし
よし
あなたも僕も、年齢や仕事面・生活面などの変化によって心身への影響が複雑に絡みあっています。

さらにこの「健康上の変化」が生じる時期、その内容や状況などは、同年齢の同時期に同じ変化が起こることはないって事実を知っていますよね。 

一人ひとりの看護師の状況によって、何らかの健康上の変化が常々起こっていることは理解しています。

看護師さん
看護師さん
とくにわれわれ看護師はその専門性から、健康への認識は強くもっているはずです。

しかし看護師という職務や組織風土・文化などから、病棟や組織全体で看護師一人ひとりの健康管理について共有したり、理解しあえる環境づくりはこれまでほとんどなかったんじゃないでしょうか。

よし
よし
少なくとも仕事仲間一人ひとりの健康管理や状況などについて、病棟や組織全体で継続的に学習したり共有しあう機会なんて僕にはありませんでした。

この章では「ヘルシーワークプレイス」の2つ目の構成要素である、

看護職一人ひとりの健康とライフスタイルの実践と行動

に焦点をあてます。

息子くん
息子くん
今こそ、看護職一人ひとりの健康づくりについて、組織と個人が一丸となり取り組む時代です!

【ヘルシーワークプレイス】女性看護師の健康管理

  25歳未満(%)  25~30歳(%)
月経不順  26.2%  21.5%
何らかの対応 放置(50%以上) 放置(50%以上)
強い月経痛 30%以上 30%以上

働く女性の身体と心を考える委員会(厚生労働省委託事業)

 

この調査結果からも明らかですが、女性看護師が生涯看護師として健康に働き続けるためには、一人ひとりのライフステージにおける心身の変化および健康管理を理解・共有しあえる環境づくりが大切です。

 

看護師さん
看護師さん
あなたが発信者となり、ヘルシーワークプレイスを進めましょう。

【ヘルシーワークプレイス】男性看護師の健康管理

職種 人数
男性保健師 1,352 人
女性保健師 51,603 人
男性看護師 95,155 人
女性看護師  1,123,451 人
男性准看護師 21,777 人
女性准看護師 282,702 人

平成30年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況

 

近年増加傾向にあるものの、男性看護師はまだまだ全体の10%未満と少数です。

男性の多い職場で就労する女性と同様に、これまで女性が独占していた職域で働く男性には様々なストレスが想像されます。

患者へのケアの中で女性看護職との違いを感じても、そのような疑問や悩みを相談できる相手が身近にいないことがあるかもしれません。

よし
よし
か、かなしい・・・

例えば一般会社員の女性の悩みにありがちな、「パワハラ」や「セクハラ」「モラハラ」といった類のハラスメントが、看護界では男性の悩みになるケースがあります。

本来なら男女関係なく「看護師」として、悩みを理解・共有しあえるのが一番です。

 

しかし環境その他から、男性看護師特有の悩みとして、つらい状況に陥るナースマンもいます。

こういった現状を打破するべく・・・(というより必然的に 笑)、男性看護師間のネットワークや、勤務施設での「男性看護師会」的な交流の場が生まれています。

放射線技師や理学療法士の男性と、フットサルチームを作り大会に出場している「男子会チーム」も見られます(笑)

息子くん
息子くん
とてもいい傾向なんじゃないかなって思っています!

 

なぜならこういった男性看護師(男性職員)のみの交流から、女性看護師も交えた議論の場へと発展していくこともあるからです。

よし
よし
実際、僕の働く総合病院には「男性看護師会」も、「〇〇病院男子フットサルチーム」もあるんですよ!

フットサルについては、男女混合チームの大会では女性看護師を誘って、一緒に大会に出場したりもします。

こういった交流の場が、男女問わず看護師間の健康づくりの一助になっていることは言うまでもありません。

 

男性看護師にとっての自分らしい男性看護師人生を送るために重要なことを質的帰納的に分析した研究では、

  • 「女性看護師とより良い関係をつくる」
  • 「男性看護師のつながりをつくる」
  • 「男性看護師の持ち味を活かしていく」
  • 「格好良く生きる」
  • 「自分に合った生活をする」
  • 「自分らしさをもつ」
  • 「精神面をコントロールする」
  • 「前に進む」
  • 「将来像を模索する」
  • 「継続を大切にする」
  • 「看護を俯瞰的に見る」

ということが見出された報告があります。

 

詳細記事(準備中):健康に看護する(働く)ための好事例・ヒント

まとめ:看護師・看護学生の【ヘルシーワークプレイス】

看護師・看護学生の【ヘルシーワークプレイス】

この記事では、【ヘルシーワークプレイス】ってなんなの?

という疑問にお応えしました。

各章ごとの細かな内容については「詳細記事」を用意いたしますので、内容を深めてくださいね。

 

この記事を通じて、なにより先にまず大切なのが、

よし
よし
あなたの心身の健康ありき!

ってことが伝わっていれば幸いです。

ではお互い看護者仲間として、今後もどうぞよろしくお願いいたします。

 

ご質問やお悩みなど、「誰かに聞いてほしいな」ということがありましたら、遠慮なく下記の『お問い合わせ・お悩み相談』よりご連絡ください。

匿名で大丈夫です。

また個人情報はお守りいたします。

お問い合わせ・お悩み相談

 

次の職場選びで絶対に失敗したくないあなたへ

\完全無料で相談できる!/看護roo!【無料】で看護roo!に相談する【無料】で看護のお仕事に相談する【無料】でマイナビ看護師に相談する『とりあえず相談だけ』でも全然OK!

 

看護roo!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

\ランキング記事!/
無料登録はコチラ
\ランキング記事!/
無料登録はコチラ